濵本朋久

プロフィール
氏名 濵本 朋久(Hamamoto,Tomohisa)
職名 准教授
所属 工学部 総合システム工学科 土木工学系
メール hamamoto@nishitech.ac.jp
担当科目
学部
  • 橋梁工学
  • 防災工学
  • 土木設計実習
  • 構造工学
  • 構造工学演習
  • 構造実験
  • コンクリート構造工学
  • 卒業研究
  • 特別研究
主な卒業研究テーマ
  • 構造物の維持管理手法
  • 橋梁の地震応答低減手法
その他(社会活動,委員会,サークル,趣味等)
  • 橋梁個別施設計画策定に関する委員(苅田町)
  • 宇佐神宮の放生会に関する実行委員会・副会長(宇佐市観光協会)
  • 技術者研修事業・講師(大分県建設技術センター)
趣味
  • 大型二輪ツーリング
学位・学歴
取得学位
  • 博士(工学)
研究活動
研究キーワード
  • 橋梁
  • 3次元有限要素解析
  • 性能設計手法
  • 3次元モデリング
  • 地域防災力の向上
  • 土木遺産および遺跡の調査研究
主な研究業績(2010年以降)
  • 濵本朋久,董 健:小規模な既設RC桁橋の鉄筋腐食を考慮した解析的検討,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.41,No.2,CD-ROM,2019.7
  • 森山卓郎,濵本朋久:桁衝突を許容した鋼橋の耐震補強に関する基礎的検討,鋼構造年次論文報告集,Vol.25,pp.351-358,2017.11
  • 濵本朋久,神保博紀,根岸伸治:鉄筋が露出した小規模なRC桁橋の3次元FEMによる構造診断,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.39,No.2,CD-ROM,2017.7
  • 濵本朋久,浦志涼介,山尾敏孝:桁端衝突と免震ゴムによる2径間連続PC橋の地震応答低減手法に関する一検討,土木学会論文集A2(応用力学), Vol.72,No.2(応用力学論文集 Vol.19),I_663-I_674,2017.2
  • 濵本朋久,山尾敏孝,Desy Setyowulan:橋台の設計モデルに影響を及ぼすウィング壁形式の解析的検討, コンクリート工学年次論文報告集,Vol.38,No.2,CD-ROM,2016.7
  • Desy Setyowulan,Keizo YAMAMOTO,Toshitaka YAMAO and Tomohisa HAMAMOTO:Investigation of seismic response on girder bridges – the effect of displacement restriction and wing wall types,Procedia – Social and Behavioral Sciences 218,pp.104-117,2016.5
  • Desy Setyowulan,Keizo YAMAMOTO,Toshitaka YAMAO and Tomohisa HAMAMOTO:Dynamic Analysis of Concrete Girder Bridges Under Strong Earthquakes: the Effect of Collision, Base-Isolated Pier and Wing Wall,International Journal of Civil Engineering and Technology,pp.79-93,2015.4
  • Desy Setyowulan,Tomohisa HAMAMOTO and Toshitaka YAMAO:Elasto-Plastic Behavior of 3-Dimensional Reinforced Concrete Abutments Considering the Effect the Wing Wall,International Journal of Civil Engineer and Technology,pp.97-113,2014.11
  • Desy Setyowulan,Tomohisa HAMAMOTO and Toshitaka YAMAO:Eigenvalue Analysis and Characteristic Behaviour of Reinforced Concrete Abutments,Proceedings of the 39th Conference on Our World in Concrete & Structures,pp.445-454,2014.8
  • Tomohisa HAMAMOTO,Takuro MORIYAMA and Toshitaka YAMAO:The effects of cost performance on seismic design method allowing the pounding of PC bridge girders,Proceedings of the 10th Asia-Pacific International Conference on Shock & Impact Loads on Structures,pp.323-332,2013.11
  • Tomohisa HAMAMOTO,Toshitaka YAMAO and Takuro MORIYAMA:Investigation of the validity of the shock absorber using laminated fiber reinforced rubber for the PC girder bridge,Proceedings of International Conference on Earthquakes and Structures,CD-ROM,2013.9
  • Tomohisa HAMAMOTO,Toshikazu NAGANO and Toshitaka YAMAO:Analytical Study of the Sheet Pile Quay Damaged by 2005 Fukuoka Earthquake,Proceedings of International Institute for Infrastructure Renewal and Reconstruction,CD-ROM,2012.8
  • 濵本朋久,森山卓郎,西本安志,石川信隆:PC橋の桁衝突における積層繊維補強ゴム緩衝材の有効性に関する基礎的検討,コンクリート工学論文集,Vol.56,pp.35-44,2011.5
  • 濵本朋久,森山卓郎,依田照彦:PC橋の桁衝突を許容した変位拘束効果に関する解析的検討,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.32,No.2,pp.847-852,2010.7
所属学会
  • 土木学会
  • 日本建築学会
  • 日本コンクリート工学会
  • 地盤工学会
  • 日本測量協会
工学部総合システム工学科(機械工学系)
工学部総合システム工学科(電気情報工学系)
工学部総合システム工学科(土木工学系)
デザイン学部建築学科
デザイン学部情報デザイン学科