緊急事態宣言発出に伴う本学の対応について【重要】

 

西日本工業大学危機管理本部
学長 片 山 憲 一

 

 令和3年1月13日(水)、政府は福岡県を対象に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を再発出しました。(再発出期間は1月14日(木)から、関東、中部、関西圏と同じく2月7日(日)まで。)
 この度の緊急事態宣言は不要不急の外出制限を徹底することが主となっており、小・中・高等学校や大学への一律の休校要請等はありません。また、1月16日(土)からの大学入学共通テストは、感染防止対策を徹底した上で、予定どおり実施することが求められています。
 今回の緊急事態宣言の趣旨を踏まえ、本学では以下の対応といたします。

【本学の対応】
 ■改めて感染防止対策の徹底を図る。
  学生・教職員は、不要不急の外出を自粛するとともに、こまめな手洗い、手指消毒、マスク着用、三密回避等を徹底する。

 ■学生等の学内入構について
  通常どおり入構できる。なお、不必要な入構は控える。
  ※1月16日(土)・17日(日)は、大学入学共通テスト実施のため学生等の入構禁止。

 ■授業について
  対面、遠隔ともに当初計画通りの授業とする。

 ■研究について
  卒業研究やゼミナールなどは時間差などの工夫をするとともに研究室の十分な感染防止対策を講じた上で実施する。

 ■課外活動について
  学生部が許可したサークルのみとする。

 ■教職員の勤務について
  緊急を要する場合を除き、20時以降の勤務は原則禁止する。
  公共交通機関を利用して通勤する場合は、時差勤務を活用し、混雑時の通勤を極力避ける。

 

以上