新型コロナウイルス感染拡大防止の本学対応について(2022年1月27日~)

福岡県内全域で2022年1月27日(木)から2月20日(日)までの間、「まん延防止等重点措置」が実施されることを受け、新型コロナウイルス感染症オミクロン株の全国的な感染急拡大を踏まえ、2022年1月27日以降の本学の対応は以下のとおりとします。

 

1.基本事項
(1) 学生、教職員にあっては、新型コロナウイルスのさらなる感染拡大防止の観点から、引き続き不要不急の外出の自粛を要請するとともに、こまめな手洗い、手指消毒、マスク着用、三密回避など感染防止の周知徹底を図ります。
(2) 特に感染力の強い新型コロナウイルスオミクロン株への感染予防対策として、正しいマスクの着用を周知徹底します。
(3) 登校時・出勤時には各自検温を行い、発熱等の症状があれば登校・出勤は控え、医療機関等に相談、受診するよう周知徹底を図ります。

2.対応段階
BCP(事業継続計画)の対応段階を大学全体でレベル2へ引き上げます。

3.学生等の学内入構について
(1) 感染防止に最大限配慮しつつ、通常どおり入構可とします。
(2) 来学者については、受付時に検温を行うとともに訪問記録を残します。

4.授 業
(1) 十分な感染防止対策を施した上で、対面及びハイブリッドを併用して授業等を実施します。
(2) 対面で行う主な授業は、実験・実習科目やゼミ・卒業研究、キャリア系科目の面接指導等です。また、授業中に行う平常試験や定期試験などは対面での実施を可能とし、実施方法はキャンパスごとの判断とします。

5.研究について
(1) 十分な感染防止対策を講じた上で、研究活動を行います。
(2) 卒業研究やゼミなどは、時間差などの工夫により研究室の密集を考慮して実施します。
(3) 緊急を要する場合を除き、20時以降の研究活動は原則禁止します。※卒業研究論文及び修士論文等の作成については、担当教員に相談してください。

6.課外活動について
(1) 課外活動(練習)は、学生部から許可を受けたサークルの内、公式⼤会参加のための必要最低限の課外活動を20時までの許可制とします。
(2) 他⼤学等との練習試合及び学外者との練習を禁⽌します。
(3) 公式大会等の参加に当たって、大会中はもとより、会場への移動時や会食、宿泊時、会場での更衣室等の利用時などにおいても時間差利用、身体的距離の確保、会話の制限を行います。

7.教職員の出張
(1)感染拡大地域への不要不急の出張は自粛とし、出張が必要な場合は、出張予定表の提出を求めます。
(2) 特に県境をまたぐ出張時は、福岡県が設置した無料検査場所でPCR検査を行い、検査結果が陰性であることの確認を行います。

8.催事・イベント等
原則オンライン。ただし、対面で実施を要し、学長の許可を得た場合は実施できます。
なお、2月の本学の入学者選抜試験は、対面で実施いたします。

9.勤務について
教職員の勤務は原則20時までとします。

10.施設貸出
外部団体への新規の施設貸出を停止します。

以上