e-スポーツ同好会:子ども向けeスポーツ仕事体験イベントを実施

発達に特性のある、または、身体のハンディキャップのある若者に対し、企業の業務を知ってもらうイベント「夢をひらく!チャレキッズ お仕事チャレンジフェス 2022」(主催:一般社団法人チャレキッズ)にて、本学e-スポーツ同好会(通称:NIT e-Sports)は、「eスポーツのお仕事とゲーマー体験」と題したeスポーツに関わる仕事体験ワークショップを実施しました。

お仕事チャレンジフェス

同好会のメンバー13名(学生11名、教職員2名)の参加により、3種類(グランツーリスモ、ぷよテト、スマブラ)のeスポーツ体験と、eスポーツの実況者体験の4つのチームに分かれて午後と午後の2回、参加者や付添者20名ととともに、ワークショップを実施しました。
学生たちは、当初は子どもたちとのコミュニケーションの取り方に戸惑う様子もみられましたが、仕事を体験するなかで次第に打ち解け、一緒に楽しむことができました。学生主体で企画から実行までをすべて行い、本企画に一緒に参画している外部組織の社会人の方とも打合せなどを行うことで交流を深め、その交流を通じて、学生の社会人基礎力を高めることができました。

お仕事チャレンジフェス

本同好会は、eスポーツの競技シーンのみならず、今回のような福祉にかかわる社会貢献活動を通して、学生と教職員が一体となって、DX時代のデジタルマインドやスキルを持った実務型人材の育成を目指していきます。今後の活動にご期待ください。

e-スポーツ同好会
[プロジェクトリーダー・本多 立弥さん(工学部 総合システム工学科 電気情報工学系3年)のコメント]
サークルの初のボランティア活動として、各々が出来ることはできたと思います。今後のボランティア活動では、全員がもっと積極的にコミュニケーションを取りながら実行していきたいと思っています。参加者もとても楽しそうにしていたため良かったです。


(活動写真提供:一般社団法人チャレキッズ

 

[関連情報]