起業家インタビュー(工学研究科 緒方大樹さん)

株式会社西日本シビルエンジニアリングを設立した本学 工学研究科(生産・環境システム専攻環境システム分野)1年生の緒方 大樹さん(本学 工学部 総合システム工学科 土木工学系 2021年度卒業・星琳高等学校出身)のインタビューをお届けします。


株式会社西日本シビルエンジニアリング提供株式会社西日本シビルエンジニアリング提供

                                        
 Q. 起業のきっかけ、動機は? 

私がなぜ起業したかと言いますと、夢だったからです。私は小さい頃から父から「人から言われて動くのではなく、人を動かす人間になりなさい」と言われてきました。また、私自身絶対に一度は起業したいと今まで思っており大学を卒業するタイミングで起業しようと決意しました。
                                         
 Q. 大学院では、どのような研究をしていますか? 

大学院では、ICT技術の一つであるドローンを利用した3次元写真測量について研究を行っています。実際にドローンを飛行させ測量し、撮影したデータの解析を行いドローンでは撮影しきれなかった一部欠損しているデータをどうやって補うかについて研究を行っています。
                                           
 Q. 大学院生と社長、二つの立場で活躍する現在、どのような日々を過ごしていますか? 

学業、仕事面ともにとても充実した日々を過ごしています。学業面では、授業もそうですが自分の研究に勤しんでいます。仕事面では、初めてのことが多くとても忙しいですがとても勉強になり充実しています。
                                         
 Q. 起業した会社の業務内容は? 

私の会社では主に、測量や図面作成を行っています。先々にはコンサルタント業を行っていきたいと考えており、ICT関連事業を極めていきたいと思います。
                                         
 Q. 現在の仕事に、本学での学びが生きていると思うことがあれば教えてください  

大学での学びが生きていると思うことは沢山あります。特に、測量学実習が生きていると私は感じています。土木工事には絶対に外すことが出来ない「測量」はどんな現場においても絶対に行うので、勉強しておいて良かったと感じています。
                                         
 Q. 現在の仕事で”やりがい”を感じる瞬間は、どんなときですか? 

始めたばかりなので大きなやりがいを感じたことはまだありませんが、工事が進んでいく時や完了した時にやりがいを感じると思います。土木工事というものは地図に残る仕事なので工事が完了したときは自分たちがこの道を作ったと胸を張って言うことができるのでやりがいを大きく感じると思います。
                                         
 Q. 今後のご自身の展望について教えてください 

まだ会社を設立して間もない状態のため大雑把ですが、今後の展望は会社をもっと大きくしていきたいのはもちろんですが、一番としては会社で下請けではなく、工事を元請けとして受注できるまで成長していきたいと考えています。
                                         
 Q. 今後、新たにどんな「学び」が必要だと思いますか? 

人生の全てが勉強であると教えられてきたので、どんなことも大事な学びだと思っていますが、私が今後必要だと思っている学びは土木業界で大きく取り上げられているICT施工について学び、施工の合理化を行っていきたいと考えています。
                        

株式会社西日本シビルエンジニアリング提供株式会社西日本シビルエンジニアリング提供

写真提供:株式会社西日本シビルエンジニアリング/学内での実験風景(2022年5月撮影)

 

土木工学系の教育・研究活動(一覧)はこちら