【注意】麻疹・新型インフルエンザ・大麻等薬物乱用防止について

【麻疹(はしか)について】学生の皆さんは、以下のことに心がけてください。

  • 発熱(37.5度以上)があるときは、外出しないでください。
  • 麻疹に今まで感染したことがない人、ワクチン未接種の人はワクチン接種を医療機関で受けてください。
  • また、一度しか予防接種をしていない人は医療機関に相談してください。
  • 予防のため、うがい、手洗いの徹底及びマスクを着用してください。

【麻疹の症状】

  • 感染後1〜2週間して風邪に似た症状(発熱、咳、鼻水、結膜炎等)が出ます。
  • 2〜4日目ごろ、一度熱が下がり、口の中に白い斑点が出ます。
  • 約半日後に再び高熱が出て、今度は体に赤い発疹が出てきます。
  • 合併症を起こさなければ、2度目の熱は4〜5日ほどで下がり、発疹の色もさめてきます。

【新型インフルエンザについて】日常生活から注意すべきこと

  • 手洗い、うがいの習慣づけ、マスクを着用する。
  • 室内を加湿する(湿度は40〜50%以上に保つ)
  • インフルエンザワクチンの接種

新型インフルエンザ発生後に取るべき対応

  • 医療機関への受診
  • 最寄の保健所へ相談して下さい

【大麻等薬物乱用防止について】大麻等違法薬物は、甘い言葉で誘ってくる!  

  • 「1回だけなら大丈夫さ」「最高の気分が味わえるよ」「やせられるよ」など、甘い言葉で誘ってくる。
  • 「1度くらいなら」のちょっとした好奇心でひとたび薬物に手を出すと、自分ではなかなかコントロールできない状態におちいり、繰り返し乱用するようになる。

薬物を乱用すると

  • 脳細胞や重要臓器がおかされ、破壊され、元の体に戻らなくなる。
  • 自分の意思では止められなくなる。
  • 幻覚、幻聴、妄想等が現れ凶悪な事件を引き起こすことがある。
  • 薬物中心の生活になり、薬物購入資金欲しさに犯罪を犯すことがある。
  • 法律で厳しく罰せられ、大事な友達や家族を失います。

怪しい場所には近寄らない、断る勇気が必要です!!

【連絡先】おばせキャンパス保健室 0930-23-1498
学務課 0930-23-1494
小倉キャンパス保健室 093-563-2516
デザイン学部事務室 093-563-2221