平成27年度3次元CAD利用技術者試験2級に合格

平成26年度・27年度の3次元CAD利用技術者試験2級において、工学部総合システム工学科機械設計工学系とデザイン学部情報デザイン学科の学生5名が見事合格を果たしました。また、工学部総合システム工学科機械設計工学系2年の林繁丸さん(若松高等学校出身)は、同時に準1級試験にも合格しました。

CAD合格者

工学部の合格者(左から:金子さん、永松さん、坂本さん)

CAD合格者

情報デザイン学科の合格者(左から:原さん、森山さん)

 

3次元CAD利用技術者試験2級は、3次元CADシステムを利用したモデリング・設計・製図などの業務に従事する方、および3次元CADシステムの周辺業務に従事している方を想定しており、準1級、1級へのステップアップとしてだけでなく、関連製品の管理、営業等を担当される方も合格者像として想定されています。

 

平成27年度3次元CAD利用技術者試験 準1級合格者

  • 林 繁丸さん(工学部総合システム工学科機械設計工学系3年・若松高等学校出身)

 

平成27年度3次元CAD利用技術者試験 2級合格者

  • 永松 拓磨さん(総合システム工学科機械設計工学系2年・中津東高等学校出身)
  • 金子 正義さん(総合システム工学科機械設計工学系2年・八幡工業高等学校出身)
  • 坂本 瑞貴さん(総合システム工学科機械設計工学系2年・国東高等学校出身)
  • 林 繁丸さん(工学部総合システム工学科機械設計工学系3年・若松高等学校出身)
  • 原 涼輔さん(情報デザイン学科2年・佐賀工業高等学校出身)

 

平成26年度3次元CAD利用技術者試験 2級合格者

  • 森山 隆聖さん(情報デザイン学科3年・蒲生高等学校出身)

 

 

[合格者のコメント]

  • 将来はCADを使った設計の仕事がしたいと考えていて、資格も取りたいと思っていたので受験しました。授業内での内容が検定や仕事の役に立つかもしれないと思っていて、3DCADの授業は頑張って履修しました。試験の約1週間くらい前からノートに用語や意味などをまとめ、過去問を解いてわからなかった所を見直すという方法で勉強しました。次は準1級、1級合格を目標にしています。(永松拓磨さん)
  • 授業で学習したところで重要だと言われたところを重点的に勉強し、今年の教科書と図書館で昨年の教科書も借りて、過去問をひたすら解きました。就職するにあたって資格を取得しておくことは重要だと思いますし、先生の勧めもあって受験しました。次は準1級、1級試験の合格を目指します。3DCADを使った設計やプログラミングはやっていて楽しいので、将来は自分が好きなことを生かせる職種に就きたいと思っています。(金子正義さん)
  • 3次元CADの授業は、技術が身につくことが実感できるので楽しく授業を受けていました。今回受験するにあたって、試験対策の教科書を何度も読み返し、重要な語句の意味などはノートにまとめて覚えました。過去問もできるだけ多く解きました。次は準1級、1級の取得を目標に頑張りたいです。現在、学生フォーミュラに取り組んでいますし、将来は自動車開発に携わりたいと思っています。(坂本瑞貴さん)
  • 過去問をとにかく多く解き、よく間違うところを集中的に勉強しました。あまり聞き覚えのない用語も多く、覚えるのが大変でした。何も資格を持っていなかったので、何か資格を取りたいと思っていたところ、講義の時に先生に勧められて受験しました。(森山隆聖さん
  • CAD演習IIIの講義で、先生に勧められて受験しました。授業での学習に加え、自宅でテキストや過去問を1〜2時間程度解いて勉強しました。将来は、webデザイナーになりたいので、今は自宅で自分のwebサイト作成に取り組んでいます。次は、ウェブデザイン技能検定3級の資格を取得したいと思っています。(原涼輔さん)

 

[関連情報]