「NITものづくり塾」を開講(オリジナル消しゴム作り・おもしろ科学体験)

平成28年12月26日(月)13時より、本学の総合実験実習センターで、苅田町立与原小学校の3~6年生の希望者を対象に、「NITものづくり塾」の第1回目を開講しました。

ものづくり塾

 

本企画は、子供たちにものづくりの楽しさを知ってもらうために実施され、第1回目は工学部総合システム工学科の野中教授と、機械設計工学系で学んでいる2年生4名、3年生生1名が講師となって、コンピューターで動く機械を使ってキャラクター消しゴムに名前を彫るオリジナルの消しゴム作りを行いました。次回(第2回)は1月に、おもしろ科学体験と工作を予定しています。

ものづくり塾

ものづくり塾

ものづくり塾

 


 

平成29年1月21日(土)9時より、本学の総合実験実習センターで、苅田町立与原小学校の1~5年生11名が参加して、第2回目の「NITものづくり塾」を開講しました。

ものづくり塾

今回は、入れたコインが消える貯金箱の工作と、工学部 小田研究室制作の「イライラ棒」の実証実験ならびに水や空気、電気などの様々な科学の不思議を触って体験する「おもしろ科学体験」が実施され、子供たちは3つの企画すべてを順番に回り、楽しみながら学んでいました。

ものづくり塾

ものづくり塾

ものづくり塾