トニカ北九州建築展2017

平成29年2月24日(金)~26日(日)の3日間、今年も本学小倉キャンパス(地域連携センター)で、「トニカ北九州建築展2017」が開催されました。

トニカ

このイベントは、「北九州に建築議論の場を学生から創ろう」と2010年に北九州市立大学、九州工業大学、西日本工業大学のメンバーを中心に結成された北九州建築デザインコミュニティtonicaのメインイベントとして実施されています。学生一人ひとりがクリティークに向けてプレゼンテーション、質疑応答をし、またアドバイスを受ける時間を設けることで、各自の提案を見つめ直すことのできる機会となっています。

トニカ

今年のテーマは『本気のプレゼン』。トニカ建築展の最大の魅力は、「1対1でクリティークに自分の作品を伝える」こと。この建築展が、参加した学生にとって、自分のプレゼンテーションを磨くことのできる、また、新たな出会い、そして切磋琢磨のなかで成長できるような場になること願ってこのテーマに設定されています。

トニカ

 
コーディネーター

  • 佐々木 翔 氏(INTERMEDIA)

クリティーク

  • 加藤 渓一 氏(HandiHouse Project)
  • 末光 弘和 氏(SUEP.)
  • 松岡 恭子 氏(スピングラス・アーキテクツ) 

 
スケジュール

  • 2月24日(金)学生・一般講評
  • 2月25日(土)クリティーク講評
  • 2月26日(日)作品展示

トニカ

 

[関連情報]