第40回静電気学会全国大会で、「エクセレントプレゼンテーションアワード賞」を受賞

平成28年9月29日(木)・30日(金)に、第40回静電気学会全国大会が群馬大学 工学部の桐生キャンパスにて開催され、工学部 総合システム工学科 小田教授の研究室で学んでいる大学院生(M2)の岳 秀林さんと、駱 義さんが講演発表を行いました。2人とも初めての学外発表でしたが、15分間のプレゼンテーションを行った結果、駱 義さんが、「エクセレントプレゼンテーション アワード賞」を受賞しました。講演数は、全部で71件あり、その内17名が受賞する賞で若手研究者の中では登竜門的な存在です。主なプレゼン賞の審査内容は、研究内容・発表時間配分・質疑応答態度などが総合的に評価され、私立大学では本学の駱 義さんが唯一の受賞者でした。

エクセレントプレゼンテーション アワード賞

小田教授と駱 義さんは、西尾学長を表敬し、「エクセレントプレゼンテーション アワード賞」の受賞を報告しました。