数学教育学会の「馬場奨励賞」優秀論文賞を受賞

工学部総合システム工学科 松崎 和孝 講師が、一般社団法人 数学教育学会の「平成28年度 馬場奨励賞」優秀論文賞を受賞しました。

「馬場奨励賞」は、若手研究者の育成・支援のために創設され、論文投稿受付日に満年齢40歳未満の数学教育学会会員を対象に審査が行われました。授与年の前年1月1日から12月末日の間に発行された学会誌に掲載された論文(掲載されたすべての発表論文が対象となる)から特に優秀な論文の発表者に贈られる賞で、松崎講師は、本賞の第一回目の受賞者となります。

馬場奨励賞受賞

松崎講師は、授業や自身の研究だけでなく、サッカー部の顧問を務める傍ら、科学技術活動の「math力増す研究部」を顧問として立上げ、学生の数学科教員免許資格取得や数学についての知識・教養を深めるための活動の支援を行っています。また、近年は、学生たちとともに、地域の子供たちに算数に親しんでもらうための活動にも取り組んでいます。

 

[関連情報]