福岡県景観大会で、バーチャルリアリティの美しいまちづくりを実演

平成29年5月28日(日)に福岡市のアクロス福岡で開催された、福岡県と福岡県美しいまちづくり協議会が主催する盛大なイベント「第11回福岡県景観大会」に、本学工学部 総合システム工学科 土木工学系の周研究室が参加し、VR(バーチャルリアリティ)で3次元の美しいまちづくりの研究発表と実演を行いました。

景観大会

周研究室によるVRデモの様子

 

今回の景観大会は、行政62団体、大学7団体、NPO等の民間団体72団体と事業所1団体の計142団体による大きなイベントです。周研究室は道路景観についての研究発表を行い、会場のステージで来場された多くの市民と対話をし、皆さんから美しいまちづくりの様々なアイデアを受け、パソコンと3D景観ソフトを使用して、市民のアイデアを反映したまちの景観CG動画を作成しました。大きなスクリーンで作成した綺麗な景観を鑑賞し、大変良い評価を受けました。本学の土木工学系はまちづくり協議会に協力し、より美しいまちの景観の形成に貢献していきます。

 

景観大会

景観大会の発表の様子

 

景観大会

中洲川端の景観の視察と提案

 

景観大会

発表会の展示コーナ

 

[関連情報]