第15回全日本学生フォーミュラ大会 初出場へ

平成29年9月4日(月)の朝、本学おばせキャンパスの未来工房前で、「第15回全日本学生フォーミュラ大会-ものづくり・デザインコンペティション-」(主催:公益社団法人自動車技術会)に向けて出発する本学科学技術活動団体「NIT Formula」の壮行会が行われました。

NIT Formula

全日本学生フォーミュラ大会は、学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競い、産学官民で支援して、自動車技術ならびに産業の発展・振興に資する人材を育成することを趣旨としており、競技会では、走行性能だけでなく、車両のマーケティング、企画・設計・製作、コスト等のものづくりにおける総合力を競います。第15回大会は、平成29年9月5日(火)~9日(土)にかけて静岡県のエコパ(小笠山総合運動公園)にて開催予定で、118チームの申し込みがあった中、大会規則をクリアした98チームが参加します。

NIT FormulaNIT Formula

「NIT Formula」にエールをおくる西尾学長と学生部長の小田教授

 

NIT FormulaNIT Formula

フォーミュラフォーミュラ

本学「NIT Formula」は、全日本学生フォーミュラ大会に参加して、よい成績を収めることを目標として平成27年に結成されたチームで、2年間かけて準備を進めてきました。

 

[大会結果]

技術車検とチルトテストは、指摘された項目に対してチーム一丸となって対処しクリアすることができましたが、吸気系の問題により騒音テストに進めないと判断して途中棄権となりました。本大会の経験を生かし来年の完走に向けて活動していきますので、今後も応援をお願いいたします。

フォーミュラフォーミュラ

 

[関連情報]