「第29回全日本ロボット相撲 中国大会」で優勝

平成29年10月29日(日)に山口県宇部工業高等学校で開催された「第29回全日本ロボット相撲 中国大会」に、本学工学部 武村准教授と学生3チーム(チーム名:西工大マルす)が参加し、工学部 総合システム工学科 電気電子工学系3年生の白石 和茂さん(小倉工業高等学校出身)と4年生の脇水 一斗さん(早鞆高等学校出身)のチーム(ロボット名:NITζωn)が、見事優勝しました。

この中国大会での優勝により、12月17日(日)に東京両国国技館で開催される「全日本ロボット相撲大会」への代表選手としての参加が決定しました。在学生・保護者・卒業生の皆様、今後もご声援をよろしくお願いします。

ロボット相撲ロボット相撲

[優勝チーム:白石さんと脇水さんのコメント]

以前から武村准教授がロボット相撲に参加しており、研究室の中でロボットに興味があるメンバーが本大会に参加しました。電気・機械であるので故障しないように慎重に管理や整備を行いました。今回私たちは初出場であり、どの相手も私たちに比べて経験豊富であったので、作戦や駆け引きに苦労しました。会場の様子は想像していたよりも体育会系の雰囲気で熱量が高かったことに驚きました。大会では、とにかく一勝を目標にして戦いに臨み、一つ一つの戦いに集中した結果、優勝することができました。全国大会は地区大会を勝ち抜いた強豪揃いで、非常に厳しい戦いになると思いますが、地区大会同様、一つ一つの戦いに集中しつつ楽しみたいと思います。

 

[本学からの出場チーム(チーム名:西工大マルす)]

ロボット名:NITζωn

  • 白石 和茂さん(工学部 総合システム工学科 電気電子工学系3年生・小倉工業高等学校出身)
  • 脇水 一斗さん(工学部 総合システム工学科 電気電子工学系4年生・早鞆高等学校出身)

ロボット名:NIT秀麗

  • 吉武 興希さん(工学部 総合システム工学科 電気電子工学系1年生・大分工業高等学校出身)

ロボット名:NIT毘沙門

  • 野原 脩平さん(工学部 総合システム工学科 電気電子工学系1年生・美来工科高等学校出身)

 

ロボット相撲ロボット相撲

 

[関連情報]

工学部 総合システム工学科の武村准教授は、昨年10月にコロンビア共和国で開催された「第二回国際ロボット相撲競技会 コロンビア」に日本代表として出場し、ラジコン部門と自立部門で優勝しています。