東田たたらプロジェクト2017

親子で古式製鉄を体験するイベント「東田たたらプロジェクト2017」が、北九州イノベーションギャラリー東田第一高炉史跡広場を会場に開催され、本学「美夜古たたら研究会」の教員・学生が、平成29年11月25日(土)~27日(月)の3日間参加しました。

東田たたら

工学部 総合システム工学科 機械工学系4年生の天野雄貴さんが村下として学生窯の指揮を執り、無事安全に操業が行われた結果、鉄の収量:6.55kg、鉄分歩留り56.5%といずれも過去最高の成果を上げることができました。

東田たたら

[スケジュール]

平成29年11月25日(土)9:00~15:00

  • 炭切(使用する木炭の準備作業)、築炉準備、資材準備等
  • 4年生11名、3年生3名、2年生3名の計17名参加 

平成29年11月26日(日)6:00~17:00

  • 操業 親子窯3窯、企業窯1窯、学生窯1窯
  • 4年生12名、3年生3名、2年生2人、九州大学大学院生3人の計20名参加 

11月27日(月)10:00~13:00

  • 撤収作業(煉瓦撤去、共通資材撤去、清掃作業)
  • 4年生8人、3年生

東田たたら

[関連情報]