「pico-EVエコチャレンジ2018」本学を会場に九州初開催

平成30年3月4日(日)に本学おばせキャンパスの総合体育館にて、超小型モビリティ(3輪以上の超小型電気自動車)のレース「pico-EVエコチャレンジ2018」が開催されました。「pico-EV」は、単三充電式ニッケル水素電池(1000mAh,1.2V)6本のみを原動力とする小型1人乗り車両の燃費を競う競技会で、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門エコメカトロニクス研究会の運営で2012年から開催されています。これまでの6大会は関東近辺で行われておりましたが、今回初めて九州で開催されました。

picoEVpicoEV

車両は、学生による自作で製作され、大会当日は、20分間の走行を充電なしでどれくらい走行できるかを競いました。また、その技術を競技終了後にエコ電動車技術講演会としてポスター発表を行い技術交流を行いました。

picoEVpicoEV

今年度は、九州工業大学[チーム名:ミスト5]、福山職業能力開発短期大学校[チームKMY]、神奈川工科大学[第08小隊]、そして本学・西日本工業大学[工学部 武村研究室:NITtlab-1、NITtlab-2、エコデンカーチーム]の計6チームが参加しました。結果は、本学のエコデンカーチームが、31周:2206.8mを走行して見事優勝、NITtlab-2が21周:1536.0m、NITtlab-1が21周:1485.3mを走行して1位~3位までを本学が独占しました。

 

■NITtlab-1

picoEV

■NITtlab-2

picoEV

■エコデンカーチーム

picoEV

 

pico-EVエコチャレンジ2018

  •  開催日  平成30年3月4日(日)
  •  会 場  西日本工業大学 おばせキャンパス 総合体育館 アクセス

 
[タイムスケジュール]

  • 10時45分~ 開会式・試走
  • 11時30分~ 本戦(20分間・同時4台走行)
  • 13時00分~ エコ電動車技術講演会(ポスター発表など)
  • 14時30分~ 表彰式・講評など

picoEV

[関連情報]