電元社トーア株式会社からスポット溶接機が寄贈されました

総合抵抗溶接機メーカーとして国内シェアトップの電元社トーア株式会社から新型の定置式スポット溶接機が本学の工学部総合システム工学科に寄贈され、平成30年5月8日(火)に本学の総合実験・実習センターで寄贈式が行われました。

寄贈式には、電元社トーアから常務取締役の古舘氏、熊木氏が出席され、本学からは、西尾学長、坂田工学部長及び機械工学系の教授陣、機械工学系設備保全コースの学生が出席いたしました。

スポット溶接機寄贈スポット溶接機寄贈

本学は、平成28年度から工学部の総合システム工学科 機械工学系に設備保全コースを開設し、工場やプラントのドクターとして活躍できる技術者を養成しており、産業界から大きな期待を寄せられています。今回の寄贈も、本コースの趣旨に賛同していただいた電元社トーアから、さらなる実験実習の高度化による人材育成を図ることを目的に寄贈していただきました。

西尾学長は、この度の電元社トーアのご厚意に対し、友野代表取締役社長に感謝状を贈るとともに、今後も産業界の要請に応え、実務型技術者の育成に取り組むとの決意を表明いたしました。

スポット溶接機寄贈スポット溶接機寄贈

熊木様、古舘様、西尾学長、溶接機

 

[関連情報]