「九州夏ロボコン2018」で準優勝

九州大学ロボコンチームKURTが企画・主催する「九州夏ロボコン2018」が、平成30年8月27日(月)・28日(火)に開催され、九州大学や熊本大学、大分大学が出場する中、本学の科学技術活動団体「ロボット研究部」が大会三連覇をかけて出場しました。

夏ロボコン夏ロボコン

2018年度大会の競技名は「新島上陸」で、手動で動く『旅人ロボット』と自動で動く『船ロボット』の2台を用いて2チームでの対戦形式で行われました。競技時間は3分。ルールは、まず『旅人ロボット』が『お賽銭』(発泡スチロールの50mm立方体)を「神社」に乗せてフェンスを乗り越えます。 『船ロボット』は、『記念碑』(ゴルフボール)を回収し、『旅人ロボット』が『船ロボット』へ乗り込み合体します。合体したロボットが「島」の中に『記念碑』を置き、「上陸」となったチームが勝利となります。本学「ロボット研究部」は、決勝戦で熊本大学と対戦し惜しくも準優勝となりました。

夏ロボコン夏ロボコン