「八幡の歴史と近代建築」のパネル展を開催

平成30年10月2日(火)~29日(月)まで、ひびしんギャラリー(北九州市八幡東区尾倉:福岡ひびき信用金庫本店1F)にて、本学建築学科 水野研究室の取り組みの成果発表として、「八幡の歴史と近代建築」のパネル展が開催されます。

八幡パネル展八幡パネル展

八幡は日本の近代化を一手に担った官営製鐵所とともに歩んできた、国内でも他に例を見ない都市です。今回のパネル展では、八幡の建築と都市の歴史について、建築学科 水野准教授の研究室(平成29年度3年生)がゼミで取り組んだ課題の成果を発表します。八幡に建てられた近代建築は、その源流をたどると国内や世界の各地に繋がっていきます。また、ささやかな道にも、製鐵所の発展に伴って刻々と変わる都市の姿の痕跡が積み重なっています。こうした「点から線へ」、「線から面へ」の広がりを調べ、パネルにまとめました。

 

[参加学生]

  • 阿部 祐樹さん
  • 石川 将真さん
  • 井本 明杜さん
  • 西村 翔太さん
  • 野口 智生さん
  • 松原 侑也さん
  • 松本 康平さん
  • 村田 大展さん
  • 渡邉 美緒さん

八幡製鐵所旧本事務所が世界遺産に登録されて、その記憶が留められることになった一方、製鐵所跡地を利用したスペースワールドが閉園し、現在の八幡は大きな転換点に立っています。このささやかな展示が、八幡の持つ資産の価値と広がりに目を向けていただく契機になれば幸いです。

 

チラシのダウンロードはこちら

八幡パネル展