教育研究シーズ(電気情報工学系 池田 英広)

シーズ

所属・氏名

工学部 総合システム工学科 電気情報工学系 教授 池田 英広

 

研究キーワード

電気自動車の自律走行、インバータ、SRモータ、二次電池、ワイヤレス給電、電気二重層キャパシタ、ピエゾ素子

 

現在の教育研究分野

  • パワーエレクトロニクス
  • モーションコントロール 
  • 電気自動車
  • ワイヤレス給電・振動発電

 

開発,研究事例・研究作品

■SR発電機の出力電流制御
永久磁石を使用しないレアアースフリーモータであるSRモータは、高速かつ可変速運転に長けています。そこで、SRモータを発電機として使用して、風力発電や小水力発電に適用するために、回転数変動に強いステータコイルの励磁を実現して、さらに出力電流制御系を構築します。

■SiCを用いたワイヤレス給電回路の試作研究
ワイヤレス給電は、非接触で電力供給が可能な技術として注目されています。この研究では、低損失で高周波スイッチングが可能な炭化シリコン(SiC)1個のみ用いてインバータを構成する方法を提案しています。これにより、システムの小型化・軽量化が図れ、様々な機器への給電や二次電池への充電が空中・水中を問わず可能となります。

 

共同研究で可能になること

モータで駆動する装置やロボット、また電気自動車を含むバッテリを電源としたシステムに対して、直流・交流電力をコンバータやインバータにより適切に電力変換し、さらに高速・高精度制御を施すことにより、省エネルギー化やコストリダクションに寄与することができます。また非接触で電力を伝送するワイヤレス給電や、電気二重層キャパシタによる電源の小型化、また二次電池の急速充電器に関する技術も有しております。

 

連携先等

地方自治体、製造関連企業など