京築のヒノキと暮らすプロジェクト:イタリア・ミラノで作品展2019

京築のヒノキと暮らすプロジェクト(略称:ちくらす)に参加しているデザイン学部 建築学科 石垣教授とゼミ生5人がイタリアミラノ市で毎年行われている世界一のデザインイベントと言われるミラノサローネと同時開催されるデザインウィークに参加しました。

ちくらすミラノ出展

フォーリ・サローネ(ミラノサローネ会場の周辺展示)の中心であるトルトーナ地区に所在するスーパースタジオで2019年4月9日(火)から14日(日)まで「Tokyo Creative30」展を行い、他のデザイナーとともに日本のデザイン力や技術力をアピールしました。今回出品した京築ヒノキのタンコロを使用した「芯シリーズ」は大川市のウエキ産業株式会社が開発した特殊乾燥技術を元にデザインした木製品です。また、併せてミラノ市内や近隣都市の建築物を見学しました。

ちくらすミラノ出展ちくらすミラノ出展

 

[関連情報]