福岡県の休業要請解除に伴う本学の対応について【重要】

保護者の皆様へ

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う政府の緊急事態宣言の対象地域から福岡県が解除されたことを受け、本学は次のとおり対応いたします。
本学といたしましては、引き続き学生の安全と学修機会の確保を第一に考え、教育を進めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。
なお、今後の状況に応じて変更する場合があることをご承知おきください。
また、学生にはActiveポータルで詳細を連絡いたします。

 

1.授業について
原則として計画通り7月1日(水)まで、遠隔による授業を実施いたしますので、学生は引き続き自宅等でパソコン、タブレット、スマートフォンなどの機器を利用して受講してください。
なお、学生のキャンパス入構を段階的に許可いたしますので、キャンパス内のWi-Fiを利用した受講も可能です。

 

2.学生のキャンパス入構について
学生のキャンパス入構については、段階的に解除いたします。5月23日(土)までは、現行通り学生支援課及びデザイン学部事務室で許可を得た上で、入構してください。
5月25日(月)からは登録制でキャンパス入構が可能です。なお、入構する際には、以下のことに留意してください。

  • 利用時間は9時00分から17時00分とする。
  • 施設使用に際しては、検温による体調管理とマスク着用を義務付ける。

 

3.卒業研究及び修士論文指導について
卒業研究及び修士論文指導については、5月19日(火)から各卒業研究室で実施できます。引き続き、遠隔による指導も実施いたします。各卒業研究・修士論文指導担当の教員にメール等で相談の上、実施してください。なお、当分の間、登録制といたしますので、上記のキャンパス入構ルールに従ってください。

 

4.さらなる感染予防対策の徹底について
継続して、以下の事項を徹底いたします。

  • 大学通勤、通学前の検温
  • マスクの原則着用義務(咳エチケット)
  • 消毒液の設置(各施設の各フロアに設置)
  • 3つの密(密閉、密集、密接)回避の徹底
  • 施設内の換気の徹底
  • 学生へのさらなる啓発(手洗い、3つの密の回避、会合等の自粛等)

以上