新型コロナウイルス感染者の発生状況について(まとめ)

本学における新型コロナウイルス感染者の発生状況を掲載しています。

危機管理対策本部

 

当該学生のケアを行うとともに、引き続き感染の予防および拡大防止に努めてまいります。
また、感染した学生やそのご家族の特定防止等、個人情報の保護および人権尊重に努めてまいりますので、ご理解とご配慮をお願いいたします。

 


■令和3年9月2日(29例目)

令和3年9月1日(水)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、本学関係者に濃厚接触の該当者はいないことが確認されました。
また、29例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年8月26日(28例目)

令和3年8月24日(火)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の学生1名が濃厚接触者に該当しましたが、PCR検査の結果、陰性でした。
また、28例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年8月23日(27例目)

令和3年8月22日(日)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、27例目の学生は、学外での感染であることが判明し、8月16日以降、大学へ登校していないことも確認されています。

 

■令和3年8月23日(26例目)

令和3年8月21日(土)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、26例目の学生は、学外での感染であることが判明し、8月10日以降、本学関係者と接触していないことも確認されています。

 

■令和3年8月23日(25例目)

令和3年8月18日(水)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の学生2名が濃厚接触者に該当しましたが、検査の結果、陰性でした。
また、25例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年8月20日(24例目)

令和3年8月18日(水)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、24例目の学生は、学外での感染であることが判明し、8月11日以降、本学関係者と接触していないことも確認されています。

 

■令和3年8月18日(23例目)

令和3年8月18日(水)本学デザイン部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、23例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。


 ■令和3年8月17日(22例目)

令和3年8月14日(土)本学デザイン部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、22例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。


 ■令和3年8月16日(21例目)

令和3年8月13日(金)本学デザイン部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、21例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。


■令和3年8月14日(20例目)

令和3年8月9日(月)本学デザイン部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、20例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年8月11日(19例目)

令和3年8月9日(月)本学デザイン部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、19例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年7月31日(18例目)

令和3年7月23日(金)本学デザイン部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、18例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年7月21日(17例目)

令和3年7月21日(水)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での接触による濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。
また、17例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年5月20日(16例目)

令和3年5月20日(木)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、16例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年5月19日(15例目)

令和3年5月17日(月)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の学生1名が濃厚接触者に該当しましたが、PCR検査を受検した結果、陰性でした。
また、15例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年5月18日(14例目)

令和3年5月16日(日)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、学内での接触による濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。また、14例目の学生は、学外での感染であることが判明しています。
なお、学外にて14例目の学生と接触があった本学の学生4名が濃厚接触者となりましたが、PCR検査の結果、全員陰性が確認されました。

 

■令和3年5月15日(13例目)

令和3年5月13日(木)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、13例目の学生については、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年5月14日(12例目)

令和3年5月12日(水)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、12例目の学生については、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年5月11日(11例目)

令和3年5月11日(火)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。保健所で当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、11例目の学生については、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年5月5日(10例目)

令和3年5月5日(水)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。保健所で当該学生の行動履歴を調査した結果、本学の濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、10例目の学生については、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和3年1月20日(9例目)

令和3年1月19日(火)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。保健所で当該学生の行動履歴を調査した結果、本学関係者の濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、9例目の学生については、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和2年12月3日(8例目)

令和2年12月3日(木)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。保健所で当該学生の行動履歴を調査した結果、濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、8例目の学生については、学外での感染であることが判明しています。

 

■令和2年12月1日(7例目)

令和2年12月1日(火)5例目の濃厚接触者の対象となった、本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。保健所で当該学生の行動履歴を調査した結果、濃厚接触の該当者はいませんでした。
また、当該学生は5例目の濃厚接触者として自宅に待機中で、大学構内へは立ち入っておりません。

 

■令和2年11月30日(6例目)

令和2年11月30日(月)5例目の濃厚接触者の対象となった、本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。保健所で当該学生の行動履歴を調査した結果、3名の濃厚接触者が特定され、PCR検査の結果、全員陰性でした。

 

■令和2年11月28日(5例目)

令和2年11月28日(土)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。保健所で当該学生の行動履歴を調査し、濃厚接触者として該当した本学関係者のPRC検査を実施した結果、本学デザイン学部に在籍する学生1名が陽性(6例目)と判定されました。
なお、濃厚接触者に該当しPCR検査で陰性となった全ての本学関係者については、2週間の自宅待機と健康観察を行っています。

 

■令和2年11月5日(4例目)

令和2年11月5日(木)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。感染は大学以外での要因であることが確認されており、大学関係者に濃厚接触の該当者がいないことも確定しております。また、当該学生は、10月26日(月)より大学構内へは一切立ち入っておりません。

 

■令和2年8月29日(3例目)

令和2年8月29日(土)本学デザイン学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。感染は大学以外での要因であることが確認されており、保健所による当該学生の行動履歴調査の結果、大学関係者に濃厚接触の該当者がいないことも確定しております。また、当該学生が最後に本学に登校したのが8月18日であることを鑑み、明日30日以降の定期試験等は平常どおり実施いたします。

 

■令和2年8月27日(2例目)

令和2年8月27日(木)本学工学部に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。感染は大学以外での要因であることが確認されており、保健所による当該学生の行動履歴調査の結果、濃厚接触の該当者がいないことも確定しております。また、今回の件で保健所からの本学に対する指示、要請等がないことが確認されましたので、授業等は平常どおり実施いたします。

 

■令和2年8月5日(1例目)

令和2年8月5日(水)本学に在籍する学生1名がPCR検査で陽性と判定されました。つきましては、8月6日(木)から8日(土)までの3日間、学生並びに一般の方々の小倉キャンパス入構を禁止いたします。

 


 

【お問い合わせ先】
危機管理対策本部(総務企画課)
TEL 0930-23-1491
E-mail soumu@nishitech.ac.jp