工学部 総合システム工学科 土木工学系

北九州市役所 技術監理室 検査課 土木検査担当係1992年度卒業上萬 輝幸 さん

現在、北九州市役所の検査課で、橋や道路など土木工事の検査を行っています。土木職の職員の仕事は、港湾、農林など幅広く、これまで新設道路計画などさまざまな業務を担当してきました。2012年には上下水道局で海外事業課発足当初のスタッフとして水ビジネスと国際技術協力事業に従事。ベトナムの上水道事業を担当し、現地で技術指導を行いました。私が北九州市役所を志望した理由は北九州が好きだから、そして土木の知識を生かし活躍できる場があったから。就職決定の際、先生に「一緒に仕事ができる日を楽しみにしているよ」との言葉をいただき、それが現実になったのはその約10年後のこと。在学時には想像もできなかったことで、地元で働くということは新たな立場で大学や先生と繋がり、さらなる成長を後押ししてくれるということを身を持って経験しました。西日本工業大学は学生のやる気に応えてくれる大学です。測量実習などで仲間と協力した経験は仕事の現場でも必ず力になります。土木は自分の仕事が街や公園など形として残る魅力的な仕事。北九州市役所の土木職には、都市計画や橋の建設、海外事業などスケールの大きな仕事が数多くあります。後輩にもぜひ挑戦してもらいたいですね。


大東建託株式会社 大阪工事部工事課2015年度卒業永井 久美子 さん

地図に残る物づくりの現場で働きたいとの思いから、大学では環境建設系で学び、卒業後は施工管理職として現場監督をしています。西工大は先生方が学生にきっちり向き合い、親身になってくださる学校です。就職ガイダンスも少人数で相談しやすいですし、インターンシップの経験も自分に合った進路の選択に役立ちました。就職して1年、今の目標は早く1人で現場を任せてもらえるようになること。そのためにも、まずは2級建築施工管理技士資格を取得し、さらに実務経験を積み、建築士の資格取得を目指したいと考えています。


暮らしに見るNITものづくり

今の暮らしを支え、これからの暮らしをつくる。西工大は“ものづくり”に真剣に取り組んでいます。
詳細情報はこちら

デジタルものづくりカフェ

西工大では3Dプリンタ、3Dスキャナー、レーザーカッターなど最新のデジタル機能を備えた「デジタルものづくりカフェ」を工学部とデザイン学部の両キャンパスに整備しています。
詳細情報はこちら

卒業生インタビュー

日々の暮らしの中には西工大の先輩方のアイデアが活かされていることも。一部活躍を取材しました。
詳細情報はこちら