未来工房 | 西日本工業大学受験生応援サイト

考え、伝え、創りたい、このキモチはきっと実現します...。 都会の暮らしに憧れもしたけど、やっぱり生まれ育ったこの街が好きって気持ちは変えられない。
海が好き、山が好き、人が好き、そして何よりもこの街の空気が好き。
こんな気持ちをカタチにしたいと考えてたワタシの未来を受け入れてくれる西工大が好きなんです...
人のために役に立つこと、それはワタシ自身の未来にきっと役に立つ。

多様な地域社会に対する解決策

工学とデザインの融合による
「地域課題解決型の教育・研究・社会貢献」活動
対象地域の自治体等から持ち込まれる地域課題は、主として「地域の建築資源の再生と活用」、「丘陵地域での獣害対策」、「次世代の主役となる小中高生へのものづくり教育」です。これらの地域課題を解決するために、工学的思考にもとづく研究・開発による(ハード面からの)最適化技術と、デザイン的思考にもとづく調査・分析・企画・設計による(ソフト面からの)最適化戦略を、一体化・融合して相乗効果を生み出します。またこれらの地域課題を解決する「知の拠点キャンパス」として本学では既に地域と大学の教育研究社会貢献の活動拠点「デジタルものづくりカフェ」を両学部内に整備しています。本事業では、この整備された環境を生かして、多種多様な地域課題に対して工学とデザインの融合による地域課題解決型教育研究プロジェクトやワークショップを実施して、地域の再生・活性化と地域社会の発展へ貢献します。

PICKUP PROJECT MOVIE PICKUP プロジェクト動画

PROJECT 01 わっしょい百万夏まつりポイ捨てごみアート ミクニワールドスタジアム北九州および小倉中心市街地で行われた「わっしょい百万夏まつり」の会場と ギラヴァンツ北九州の試合会場で行われた「SDGsマッチデ―」において、 ポイ捨てごみを削減するアート清掃活動「にじのはしプロジェクト」と称し サッポロビール株式会社と日本たばこ産業株式会社の企業協賛のもと、5種類のアートごみ袋とゴミ箱を制作しました。

img01

PROJECT 02 こくらハロウィン2019 小倉駅JAM広場や小倉都心部を会場に2013年から本学学生の企画として始まった「こくらハロウィン」。 産官学からなる実行委員会[実行委員長:本学デザイン学部 梶谷准教授]で構成されており、 現在では参加者2,200名、来場者20,000名を集める西日本最大級の大規模イベントに成長しています。

img01

PROJECT 03 鳥獣被害対策ワークショップ2019 連携自治体である「みやこ町」の協力を得て、鳥獣被害対策ワークショップを、 本学おばせキャンパスで集中講義として実施しました。 今回のテーマは、「カラスのゴミあさり」。 住宅のゴミ置き場でよく見かける「防鳥ネット」を題材に、 ゴミをあさるカラスの被害を防ぐ有効な対策について課題解決に取り組みました

img01

PICKUP PROJECT PICKUP プロジェクト

詳細はこちら!