西日本工業大学
  • Instagram
  • Twitter
訪問者別

新着情報 教育研究シーズ(機械工学系 松崎 和孝)

  1. HOME
  2. 新着情報
  3. 研究
  4. 教育研究シーズ(機械工学系 松崎 和孝)
  • 研究
工学部 総合システム工学科 機械工学系 准教授 松崎 和孝

 

研究キーワード

児童や生徒の興味や関心、算数教室、教材開発、トポロジー(位相幾何学)、ベトナムの数学教育

 

現在の教育研究分野

  • 児童や生徒が興味・関心を持つ教材の開発
  • 算数教室の実践研究
  • トポロジーの教材開発
  • ベトナムにおける数学教育の研究

 

開発,研究事例・研究作品

アンケート調査やヒアリング調査の結果によれば、実践内容に対して多くの児童や生徒が興味・関心を持ち活動したことがわかりました。

算数教室の開催

市民センター等において、小学生や中学生を主な対象とする算数教室を開催しています。例えば、平面図形を作る「タングラム」、コンパスと定規を使って国旗や星などを作る「作図」、身近にあるサッカーボールやバスケットボールなどを使ってオイラーの多面体定理を発見する「ボールの不思議」等の内容を取り上げました。

オイラー数を使った課題学習の教材の実践

高校生向けの課題学習の教材として、線分と三角形を組み合わせて平面図形を作り、そのオイラー数を計算する教材を実践しました。生徒は身近にある車、家、漢字等を抽象的に捉え図形化し、そのオイラー数を計算していました。
 

共同研究で可能になること

児童や生徒が興味・関心を持つ教材の開発を得意としています。特に、ねんどやゴム膜のように変形して図形を捉えるトポロジーの内容に着目して教材を開発しています。開発した教材を実践し、実践前後で児童や生徒の算数や数学に対する興味・関心がどのように変化するか研究を行うことができます。また、学校や市民センター等の教育施設において、算数教室を開催しています。この算数教室では、図形に関わらず、色々な内容を取り上げています。実施場所・内容・規模等につきましては、大学までお気軽にお問い合わせください。

 

連携先

学校や市民センター等の教育施設