「シビルエンジニアリングクラブ」はじめました!

工学部専門教育科目「土木工学地域プロジェクト」(令和3年度前期集中講義)の取り組みをきっかけとして、土木工学系2年生が中心となって科学技術活動団体「シビルエンジニアリングクラブ」を設立しました。

シビルエンジニアリングクラブ
同団体は、土木工学(シビルエンジニアリング)に関する学びと地域活動を通じて、技術者および社会人としての基礎力の向上に努めることで学生生活の充実を図ることを目的としています。現在は、本学おばせキャンパスR棟302室を拠点に、測量士補試験や無人航空従事者試験(ドローン検定)のための勉強をしています。

シビルエンジニアリングクラブ

部長の麻生 淳平さん(2年・大村工業高等学校出身)は、「今後は被災地支援ボランティアを想定したキャンプや、測量技術を活かした地域の小中学校の構内実測図の作成などの活動も行いたい。」と話しています。

 

 

土木工学系の教育・研究活動(一覧)はこちら