苅田港の浚渫工事現場を見学

2019年12月24日(火)に工学部 総合システム工学科 土木工学系14名(3・4年生、教員)が苅田港浚渫工事現場見学会に行きました。

苅田港現場見学
はじめに、国土交通省九州地方整備局苅田港湾事務所において所長より苅田港整備事業について説明いただきました。次に、苅田港の浚渫工事を請負う株式会社若港より工事概要の説明を受けた後、苅田港から小型船を使って海上にあるグラブ式浚渫船「響永」に乗船し、浚渫作業のデモンストレーションを見学しました。また、情報通信技術(ICT)を利用した浚渫工事の無人化施工についても説明を受けました。その後、再び小型船に乗り北九州空港連絡橋の下を回って苅田港に戻りました。

苅田港現場見学
参加学生にとって、産業や貿易上の苅田港整備の重要性や、海洋建設業の最新技術を学ぶよい機会になりました。