先生インタビュー 井上 公人

統計学と微分方程式の代数的研究
プロフィール

工学部 総合システム工学科 土木工学系

井上 公人講師・博士(機能数理学)

千葉県市川市出身。小中学校時代はバスケットボールに打ち込み、家では父から数学の作図などを教えてもらっていました。高校や大学でも数学の勉強がずっと好きで、大学院へと進んでからは応用分野について学びました。この時から研究を志すようになり、回転などの対称性を扱う理論を微分方程式や統計学に用いる研究に取り組んできました。学位取得後は数年間非常勤講師を勤め、2021年より西日本工業大学の講師となりました。

研究内容

統計学と微分方程式の代数的研究

  • 統計学の推定・検定問題に現れる統計量を変換の対称性に基づいて導出し、新しい分析方法を見つける研究
  • 幾何学の分野では2点を結ぶ最短経路として測地線という概念がありますが、その測地線の微分方程式を厳密に解く研究

先生の必須アイテム

#01バインダー

授業プリントの余りはとっておいて、裏面を仕事のメモや研究中の計算に再利用します。数学の計算で数式を書くときやアイディアを書き留めるときは紙が一番なので、いつも裏にしたプリントをはさんで手元に置いています。

受験生へメッセージ

学問に触れることは大きな財産になるでしょう!
過去の偉人の遺訓をひとつ贈りたいと思います。
『人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。』
特に冒頭部分について、皆さんも何か大きな目標を持つことがあっても別の誰かを助けなければならず、目標が遠のいてしまうことがあるかと思います。しかしそれは過去の偉人も乗り越えてきたことだと思うと、励まされるような気がします。
大学での勉強の醍醐味は過去の人が残した経験や知識にじっくりと向き合うことができることにあると思います。学生として過ごす日々は人生の中でも特別な時間ですが、学問に触れることは大きな財産になるでしょう。