「ICT夢コンテスト2019」で優良賞を受賞

本学デザイン学部 情報デザイン学科 領木教授と西南女学院大学の共同研究で開発した「食育アプリ」が、一般社団法人 日本教育情報化振興会主催の「ICT夢コンテスト2019」で優良賞(応募総数298件、入賞32件)に選ばれました。本コンテストは、教育におけるICT活用を奨励するとともに、ICT活用の優良事例を収集して広く公開することにより全国的にICTを有効に活用した教育活動が実践されるようになることを目的に開催されています。

食育アプリ

■応募作品について

『大学生考案「食育アプリ」で小学生に食育実践。Wの学びを実現!』というタイトルで、おやつの適量が学べる食育アプリ『食育の授業 ーおやつ編ー』の開発と、それを用いた授業実践をまとめたものになります。

 

食育の授業ホームページ:栄養バランス・おやつの適量が学べる授業用アプリ
 
 
[関連情報]