ソーシャルディスタンスを考慮したドローンによる人文字制作

新入生同士や教員、先輩との交流の機会として各学科・系別のオリエンテーションが企画され、2021年4月6日(火)に実施されました。コロナ下での感染症対策を行いながら、入学した学科・系の学びに関するゲームやスケッチなどが行われました。

工学部 総合システム工学科 土木工学系では、「ソーシャルディスタンスを考慮したドローンによる人文字制作作品(仮称)」と題し、測量技術を使った人文字づくりにチャレンジしました。

土木工学系新入生オリエンテーション

今回は、上部に「2021」、下部に「土木」の人文字を制作。前者がM棟屋上から撮影し、後者がドローンで撮影し、それらを画像処理で合成しています。それぞれの文字が少しゆがんでいるのは、学生自身が主体的に配置を考えた結果です。一度に並ぶと密になるので、ソーシャルディスタンスを考慮して一文字ずつ並んで撮影し合成されました。

 

[関連情報]