川崎敏之

プロフィール
氏名 川崎 敏之(Kawasaki,Toshiyuki)
職名 教授
所属 工学部 総合システム工学科 電気情報工学系
メール tkawasak@nishitech.ac.jp
担当科目
学部
  • 基礎電気回路I,II(1年生)
  • 電気磁気学I,II(2年生)
  • 電気基礎実験I(2年生)
  • 電気電子工学実験I,II(3年生)
  • 高電圧工学(3年生)
  • 電気応用実験(4年生)
大学院(修士)
  • 放電プラズマ工学特論
主な卒業研究テーマ
  • プラズマが液状ターゲット表面・内部に供給する活性酸素の二次元分布可視化
  • プラズマによる液中活性種輸送のメカニズム解明と制御
  • プラズマが誘起する液体流の可視化とメカニズム解明
  • 液中気泡内放電の活性酸素可視化
  • プラズマ照射による植物の生長制御
その他(社会活動,委員会,サークル,趣味等)
  • 静電気学会編集委員(2012年~現在)
  • 静電気学会「放電プラズマによる水処理研究委員会」(2015年~現在)
  • 国際学会ISEHD(電気流体力学)委員会委員(2017年~現在)
  • 電気学会九州支部役員(2018年~現在)
  • プラズマ・核融合学会 九州・山口・沖縄支部役員(2018年~現在)
  • 電気学会広報委員会委員(2018年~現在)
  • 大阪大学接合科学研究所共同研究員(2015年~2019年)
  • 応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会幹事(2013~2015年)
  • 電気学会九州支部活動推進員(2016, 2017年)
学位・学歴
取得学位
  • 博士(工学)
研究活動
研究キーワード
  • プラズマ殺菌
  • プラズマ医療
  • プラズマ農業
  • プラズマ誘起流
  • 活性種二次元分布可視化
  • 化学プローブ
主な研究業績

著書

  • 2018.3発行,高電圧パルスパワー工学,理工図書全280頁の内pp.243-268執筆

特許

  • 2017.5成立,特許第6146807号,発明者 川崎敏之
    プラズマ処理装置及びプラズマ処理法
  • 2014.8出願,特願2014-158678,特開2016-35860,発明者 川崎敏之
    プラズマ用活性酸素確認試薬、及びプラズマが発する活性酸素の影響範囲確認方法

受賞

  • 2017.5受賞, KI-デンプン試薬を用いた大気圧非平衡プラズマジェット照射による酸化反応の可視化研究,大阪大学接合科学研究所「接合科学共同利用・共同研究賞」

研究費獲得

  • 2020~2022年,科研費・基盤研究(C),生体内部への活性種輸送に着目したプラズマ源の比較研究
  • 2017~2019年,科研費・基盤研究(C),プラズマ照射による液状媒体深さ方向への活性酸素輸送のメカニズム解明と制御
  • 2014年,交直流パルス高電圧電流発生・解析システム,私立大学等研究設備整備費補助金
  • 2013~2016年,科研費・若手研究(B),照射領域可変型低温プラズマジェット発生器の開発と殺菌への応用に関する研究

査読付き論文

  • F. Mitsugi, S. Kusumegi, K. Nishida, T. Kawasaki, “Visualization of Plasma-Induced Liquid Flow Using KI-Starch and PIV”, IEEE Transactions on Plasma Science(印刷中).査読付
  • T. Kawasaki, K. Nishida, G. Uchida, F. Mitsugi, K. Takenaka, K. Koga, Y. Setsuhara, and M. Shiratani, “Effects of surrounding gas on plasma-induced downward liquid flow”, Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 59,pp. SHHF02-1~6 (2020).査読付
  • T. Kawasaki, F. Mitsugi, K. Koga, and M. Shiratani, “Local supply of reactive oxygen species into a tissue model by atmospheric-pressure plasma-jet exposure”, Journal of Applied Physics, Vol.125, pp.213303-1~11 (2019). 査読付
  • M. Tański, M. Kocik, B. Hrycak, D. Czylkowski, M. Jasiński, T. Kawasaki, and S. Kanazawa, “Measurement of OH radicals distribution in a microwave plasma sheet using LIF method”, Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy, Vol.222, pp.117268-1~5 (2019). 査読付
  • F. Mitsugi, S. Kusumegi, T. Nakamiya, Y. Sonoda, and T.Kawasaki, “Measurements of Pressure Wave Generated by Atmospheric Plasma Jets Using Optical Wave Microphone”, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.47, No.2, pp.1063-1070 (2019). 査読付
  • F. Mitsugi, S. Kusumegi, and T. Kawasaki, “Visualization of ROS Distribution Generated by Atmospheric Plasma Jet”, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.47, No.2, pp.1057-1062 (2019). 査読付
  • 内田儀一郎, 竹中弘祐, 川崎敏之, 古閑一憲, 白谷正治, 節原裕一, “大気圧非平衡Heプラズマジェットと溶液との相互作用に関する可視化研究”, スマートプロセス学会誌, Vol.8, No.2, pp.58-63 (2019) . 査読付
  • T. Kawasaki, G. Kuroeda, R. Sei, M. Yamaguchi, R. Yoshinaga, R. Yamashita, H. Tasaki, K. Koga, and M. Shiratani, “ Transportation of reactive oxygen species in a tissue phantom after plasma irradiation”, Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 57, 01AG01 (2018) .査読付
  • 川崎敏之, “液体が関与するプラズマ研究へのKI-デンプン水溶液の応用”, プラズマ・核融合学会誌, Vol. 93, No.5, pp.240-245 (2017).査読付
  • T. Kawasaki, S. Kusumegi, A. Kudo, T. Sakanoshita, T. Tsurumaru and A. Sato, “ Effects of Gas Flow Rate on Supply of Reactive Oxygen Species Into a Target Through Liquid Layer in Cold Plasma Jet”, IEEE Transaction on Plasma Science, Vol.44, No.121, pp.3223-3229 (2016).査読付
  • F. Mitsugi, S. Kusumegi, T. Kawasaki, T. Nakamiya and Y. Sonoda, “ Detection of Pressure Waves Emitted from Plasma Jets with Fibered Optical Wave Microphone in Gas and Liquid Phases”, IEEE Transaction on Plasma Science, Vol.44, No.121, pp.3077-3082 (2016).査読付
  • G. Uchida, A. Nakajima, T. Ito, K. Takenaka, T. Kawasaki, K. Koga, M. Shiratani, Y. Setsuhara, “ Effects of nonthermal plasma jet irradiation on the selective production of H2O2 and NO2- in liquid water”, Journal of Applied Physics, Vol.120, pp.203302-1~9 (2016).査読付
  • F. Mitsugi, T. Nakamiya, Y. Sonoda, and T. Kawasaki, “ Time-Resolved Observation of Plasma Jets Synchronized with Fibered Optical Wave Microphone Measurement”, EEE Transactions on Plasma Science, Vol.44, No.11, pp.2759-2765 (2016).査読付
  • T. Kawasaki, S. Kusumegi, A. Kudo, T. Sakanoshita, T. Tsurumaru, A. Sato, G. Uchida, K. Koga, and M. Shiratani, “ Two-dimensional concentration distribution of reactive oxygen species transported through a tissue phantom by atmospheric-pressure plasma-jet irradiation”, Applied PhysicsExpress, Vvol.9, No.7, pp.076202-1~4 (2016).査読付
  • T. Kawasaki, S. Kusumegi, A. Kudo, T. Sakanoshita, T. Tsurumaru, A. Sato, G. Uchida, K. Koga, and M. Shiratani, “ Effects of Irradiation Distance on Supply of Reactive Oxygen Species to the Bottom of a Petri Dish Filled with Liquid by an Atmospheric O2/He Plasma Jet”, Journal of Applied Physics, Vol.119, pp.173301-1~8 (2016).査読付
  • T. Kawasaki, K. Kawano, H. Mizoguchi, Y. Yano, K. Yamashita, and M. Sakai, “ Visualization of the Two-dimensional Distribution of ROS Supplied to a Water-containing Target by a Non-thermal Plasma Jet”, International Journal of Plasma Environmental Science & Technology, Vol.10, No.1, pp.41-46 (2016).査読付
  • A. Nakajima, G. Uchida, T. Kawasaki, K. Koga, T. Sarinont, T. Amano, K. Takenaka, M. Shiratani, and Y. Setsuhara, “ Effects of gas flow on oxidation reaction in liquid induced by a He/O2 plasma-jet irradiation”, Journal of Applied Physics, Vol.118, No.4, 043301-1~9 (2015).査読付
  • T. Kawasaki, W. Eto, M. Hamada, Y. Wakabayashi, Y. Abe, and K. Kihara, “ Detection of reactive oxygen species supplied into the water bottom by atmospheric non-thermal plasma jet using iodine-starch reaction”, Japanese Journalof Applied Physics, Vol.54, No.8, pp.086201-1~7 (2015).査読付
  • F. Mitsugi, T. Ohshima, H. Kawasaki, T. Kawasaki, S. Aoqui, T. Baba, S. Kinouchi, “ Gas Flow Dependence on Dynamic Behavior of Serpentine Plasma in Gliding Arc Discharge System”, IEEE Transaction on Plasma Science, Vol.42, No.12, pp.3681-3686 (2014).査読付
  • T. Kawasaki, K. Kawano, H. Mizoguchi, Y. Yano, K. Yamashita, M. Sakai, T. Shimizu, G. Uchida, K. Koga and M. Shiratani, “ Visualization of the Distribution of Oxidizing Substances in anAtmospheric Pressure Plasma Jet”, IEEE Transaction on Plasma Science, Vol.42, No.10, pp.2482-2483 (2014).査読付
  • H. Kawasaki, T. Ohshima, Y. Suda, Y. Yagyu, T. Ihara, F. Mitsugi, T. Kawasaki, S. Aoqui, T. Baba, “ Effect of UV Light on Breakdown Voltage of Atmosphere Air”, Transaction of the Materials Research Society of Japan, Vol.39, No.3, pp.289-292 (2014).査読付
  • T. Kawasaki, K. Kawano, H. Mizoguchi, Y. Yano1, K. Yamashita, M. Sakai, G. Uchida, K. Koga and M. Shiratani, “ Control of the area irradiated by the sheet-type plasma jet in atmospheric pressure”, Journal of Physics: Conference Series, Vol.518, pp.012016-1~6 (2014).査読付

招待講演

  • 2019年,Visualization and control of 2-D ROS distribution in liquid matter irradiated with an atmospheric-pressure plasma-jet, 12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering (AEPSE2019), 韓国済州島
  • 2019年,Two Kinds of Liquid Flows Induced by Plasma-jet Irradiation, XI International Symposium on Electrohydrodynamics (ISEHD 2019), ロシア
  • 2018年,プラズマ照射により液中に輸送される活性酸素の二次元分布可視, 第3回グリーンイノベーションセミナー&第7回プラズマバイオ異分野融合セミナー, 名城大学
  • 2017年,KI-デンプン試薬を用いた大気圧非平衡プラズマジェット照射による酸化反応の可視化研究,大阪大学 接合科学研究所 第14回産学連携シンポジウム,大阪
  • 2016年,液体へのプラズマ照射による誘起流と活性酸素種の液中輸送,プラズマ・核融合学会第33回年会シンポジウム,東北大
  • 2015年,大気圧プラズマジェットによる液底への活性酸素供給について,第25回日本MRS年次大会,横浜
  • 2015年,プラズマが気液相中にあるターゲットに供給する活性酸素量の簡易評価法-ゲル状試薬を用いて-,静電気学会-放電プラズマによる水処理委員会,東京都立大
  • 2015年,大気圧非熱平衡プラズマ照射による液中ラジカル生成の可視化概要,プラズマ・核融合学会 九州・沖縄・山口支部 特別講演会,九州大学
所属学会
  • 電気学会
  • 静電気学会
  • 応用物理学会
  • プラズマ・核融合学会
  • 日本MRS
工学部総合システム工学科(機械工学系)
工学部総合システム工学科(電気情報工学系)
工学部総合システム工学科(土木工学系)
デザイン学部建築学科
デザイン学部情報デザイン学科